JOWLテレワーク研究会#01 まとめ(追記あり)

寺嶋です。 ジョイワークスでは本年の「Joyworks新年会2020」にて、「Joy Of Work研究会(JOWL)」を立ち上げました。 その活動の一環として、昨今のCovid-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止策として各企業が進めているテレワークを実行しながらも「Joy Of Work」を実現するためには、テレワークをどのように行っていくべきかを考える必要があると思い、賛同者の皆さんとともに「JOWLテレワーク研究会」をはじめました。 第1回目を2020年3月10日に行いましたので、以下にそのまとめを掲載します。 テーマ テレワークしながらチームで成果を出すために、コミュニケーションをどう活性化させるか 〜 まずは各自の情報を持ち寄ろう 検討したい事柄 ・テレワークでチームとこういう関わりをしているよという実践情報(特にソフトスキル) ・ソフトスキルを更に効果的にするツールとその使用方法 ・その他のTIPS テレワークの種類は大きくわけて2つ ・オンラインミーテイング ・オンラインミーテイング以外の仕事(オフィスの外で単独で行う仕事) それぞれ分けて捉え、それらをつなげて考える いくつかの実証報告例 <E-mailだけではないコミュニケーションを試そう> E-mailは時に冷たい文章になる傾向がある。またレスポンスが悪い(書くのが面倒くさい)ので、テレワークの際はSlackやTeamsなどの方がコミュニケーションが取りやすい その際にはプロジェクトごとや、チームごとにチャンネルを作成 社外の人もチームとしてどんどん巻き込んでいける 「いいね!」ボタンだけでもコミュニ

中止を余儀なくされた今だからこそ、もう一度考えてみよう。「その研修、いりますか?」

ジョイワークス伊東です。新型コロナ対策の一つとして、多くの企業は社内の集合型研修について延期や中止という判断をしています。 だからこそ、このタイミングでもう一度立ち返って考えていただきたいのです。 企業内で行う「研修」という教育の場の提供の目的は、何だったのか?を。 ・・・ 会社として、「社員に身につけておいて欲しい」と思われることはたくさんあります。しかし、現状の組織の向かう方向に、その研修がフィットしているかは、その部門の人にヒアリングしてみないとわかりません。 我々ジョイワークスでは、多様な企業の皆様の組織開発・人材育成の仕事をさせていただいています。具体的には、会社の現場や事業ニーズに基づいたヒアリングを実施し、どんな学びのスタイルが最も効果的かを一緒に検討した上で、教育体系の作成や集合型研修の組み立てを行っています。 今回は、その進め方を簡単にご紹介いたします。少し大変ではありますが、この際時間をかけて成果につながるための教育体系作りに取り組んでみてください。 きちんとやれば予想以上の成果につながりますよ! ・・・ 前提として、このプロセスは各事業部ごとに行います。人事部担当者と事業部のメンバーが同席して検討します。 1.現状の人材育成、研修の現状を洗い出す まず、今現在どんな研修をしているのか、その研修対象者の選定方法の基準は何かを整理します。さらに、目標管理はどう設定しているのか?部下・上司との関わりは?また、部門の教育方針はどうなっているのか?などを確認します。 2.事業ニーズを確認する 事業部門として、どのような成果を求めているのか?目指す姿は何か?どんな成果

株式会社ジョイワークス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

TEL :  03-6869-7287