マネジメントの目的:プロモーション

マネージャーが、「チームに成果を上げさせること」と「人材育成」について十分な努力を続けると、いずれ「ほとんどの仕事に関してはマネージャーがほとんど不要になる」時を迎えると思います。マネージャーの役割が一切不要になるという意味ではありません。マネージャーの昇進とは、自分のチームを「ほとんど仕事に関しては自分が不要になる」ことを成し遂げたマネージャーに、より大きな組織で同じことに挑戦する機会を与えることだと考えています。


「この部署(チーム)は、俺がいないとダメだ」と豪語するマネージャーを時折見かけますが、私には「自分がダメなマネージャーである」と、大声で宣伝しているようにしか聞こえません。


部下がマネージャーより仕事ができないことは当然のことです。社内の根回しなど、役職がモノをいう仕事もあります。あらゆる意味でマネージャーよりも実力のある部下がいたとしたら、いずれ他の組織へ行ってしまうか、ポジションが逆転するでしょう。また「チームに成果を上げさせること」と「人材育成」について十分な努力を続け、部下がどんどん育っていくとしたら、同時にマネージャー自身も育っているはずです。


だから、いつまでたっても部下はマネージャーよりも仕事ができません。それでもマネージャーは「部下が十分に育ったので、もう自分がいなくても大丈夫」と思えるよう努力しなければならないと思うのです。昇進の機会は、そういうマネージャーにこそ与えられるべきと思います。

カテゴリー
アーカイブ

株式会社ジョイワークス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

TEL :  03-6869-7287