マネージャーの能力の限界

マネージャーだって人間です。当然のように個人としての能力には限界があります。一人の力では成し遂げられない「大きな仕事」を成し遂げるために組織があります。私は、マネージャーは、自分個人の能力の限界を率直に認め、謙虚であることが大切だと考えています。


マネージャーが、もし以下のように感じたとしたら注意が必要だと思います。

  • マネージャーが、部下の仕事の隅々まで把握、理解できている。

  • マネージャーが仕事の細部に至るまで適切に指示できている。

  • マネージャーが、チームの仕事の環境や背景、他のステークホルダーとの関係を全て把握、理解できている。

  • 部下は、常にマネージャーの指示通りに仕事を進めている。

  • 部下は、常にマネージャーの承認に基づいて仕事を進めている。

  • 報告される内容がマネージャーの期待と一致している。

つまり、マネージャーが「自分のマイクロマネジメント(業務のあらゆる手順を監督し、意志決定の一切を部下に任せない)が、うまく機能している」と感じる状態には、注意が必要だという意味です。


部下が二人くらいだったら、こういう状態も実現可能かもしれません。でも人間の個人としての能力の限界を考えると、多数の部下をかかえるマネージャーが、こういう状態を維持しつづけるのは簡単ではないと思います。多くのマネージャーがプレイングマネージャー(自らのプレイヤーとして成果をあげながら、チームに成果をあげさせるマネージャーの役割も果たす)であることを期待されている現在では、不可能といっても差し支えないと思います。少なくとも、私にはできません。


もし、マネージャーがこのように感じた場合、以下の可能性を考慮すべきと思います。

  • チームの能力向上の機会が失われている

  • チームが新しい取り組みをしていない、チャレンジしていない

  • チームがマネージャーへの報告を選択的に行っている

これらの状態が「チームに成果をあげさせる」「チームが成果を上げる能力を向上させる」うえで望ましくないことはいうまでもありません。

カテゴリー
アーカイブ

株式会社ジョイワークス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

TEL :  03-6869-7287