建設専門メディアから見る未来

最終更新: 2018年10月30日


株式会社日刊建設通信新聞社/顧問:西山英勝氏
たくさんの人が集まる新聞社

J(ジョイワークス):本日はインタビューを受けてくださりありがとうございます。日刊建設通信新聞さんとおつきあいさせていただいて驚いているのは、新聞社がこんなに外部の人が出入りする場所なのかと言うことです。これは日刊建設通信新聞さん独自の事なのですか?


N(建設通信新聞西山様):23年前に新橋からこのオフィスに引っ越してきて、スペースが倍以上になりました。そこで、大、中、小の3つの会議室を造りました。しかし

新聞社というのは朝と夕方しか会議室を使わないのでもったいないのです。そこで、外部、特に地

方から来る方々に自由に使ってもらおうと決めました。現在はジョイワークスも参加している勉強

会のCCAや、30年ほど前に当時の若手経営者で組織した建設未来という団体、今は古希メンバーとなっていますが、定例的な会合を行っています。その他NPOなど、若い人から古稀を過ぎた方まで幅広く使

ってもらっています。

人が集まれば情報も入ってきます。会議もそうですが、その後の一杯も情報の宝庫です。その積み重ねによって人脈、つながりができていくのです。こういう場があることでジョイワークスさんとも出会えたわけですね。


J:最近シェアオフィスやオープンな場をつくろうとされている企業は少なくないのですが、初めは良

かったけど人が継続して集まってこないという声も頻繁に聞いています。そこにいて西山さんのと

ころは継続して来たくなる不思議な魅力を感じています。何か秘訣があるのでしょうか。


N:情報交換ができる場であることが一番ではないかと思います。新しいニュース・情報を出し続ける事が新聞社やメディアの努めです。新聞記者は一人あたり少なくとも100人、多い記者は1000人に及ぶ、情報人脈を持っています。それも、それぞれのプロの方々です。情報を交流することで、新たな情報が生まれ、人が集まってくるのではないかと感じています。


一つ皆さんにお勧めしているのは、新聞社1社につき少なくとも一人の知り合いをつくる事です。大手商業誌なら千人単位の記者を抱えているでしょう。そのうちに一人でもいいので、情報交換できる知り合

いがいると、いろんな情報も入ってくるし、メディアに載る機会があったときに外れた記事が書かれにくいのです。「信頼できる記者」を育てることは、業界全体のイメージアップにも繋がります。


三方良しの公共事業推進研究会の活動と今後の建設業

三方良しの公共事業推進研修会

J:建設通信新聞さんは「三方良しの公共事業推進研究会」の活動を支えていらっしゃいますよね。


N:10年ほど前に北海道の集まりに呼ばれたのが最初なんです。そのときはパネリストとして呼ばれたのですが、その次に、コーディネーターを頼まれるました。新聞記者はタダで使えますからね(笑)。「三方よし」は国交省の整備局所在地ごとにやってきましたが、弊社の支社・支局が各地にあるので都合も良く、支社・支局員が協力してきたということです。それも、三方良し活動を手弁当で展開してきた各地の若手経営者の熱意を浴びせられたからです。


J:今後の建設業界に期待することは何ですか?


N:どこの産業でも少子高齢化に従ってマーケットが縮小するという議論がありますが、建設業のマーケットはなくなることはありません。人の暮らしにとって建設業は必要不可欠なんです。今後、新規の建設投資は伸びることを期待できませんが、メンテナンス業務は着実に伸びます。端的に言えば、市場は「より人手を必要とする」方向になっています。そのため、建設業の各企業はより魅力のある企業として人をきちんと集める企業・産業にならなければならない。逆にいえば建設業に来ればいつの時代も働く場があるんです。否定的になる必要は全くない。

現に、地域の特色を活かして楽しく経営を進めているケースが数多く見られるようになりました。今後が楽しみです。


ジョイワークスへの期待

J:「仕事を楽しむ」というキーワードがでましたが、それがまさに私たちの目標としているJoy of Workですね。私たちジョイワークスは、そんな建設業の方々お集まりのところに混ぜてもらって、人財や組織を創る仕事をしていますが、我々が果たすべき役割や我々に期待するところがあればお聞かせください。


N:ジョイワークスさんにとって当たり前のことを建設業界に持ち込んでもらうといいと思います。既に建設業界にも、他業界からの参入が盛んに行われています。建設業に限らず、業界の多くは「自分たちは特殊だ」と否定的に主張することもありますが、お互いを知らないだけなんです。業界の外の視点から、ジョイワークスの社名の通り、「こういうことが楽しいんだよ、これがいいんだよ」と思うことをどんどん提案してもらうのが良いと思います。


株式会社ジョイワークス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

TEL :  03-6869-7287