Unipos株式会社様 チームビルディング研修 ~チームをテーマに、チームで語り合い、考える~

最終更新: 2019年7月2日

「本気研修券」から始まった活動

以前ご紹介した、ジョイワークス本社移転イベント ”Dialog for the future”の景品として提供された「本気研修券」を発端とした活動が継続しています。


※「本気研修券」の経緯はこちらの記事をご参照ください。

「本気研修券」その後:対話で作るチーム文化~スケールするチームは対話から始まる~


本気研修券に当選した柴橋さん、券の使い道を相談された高柳さん、ジョイワークス吉田の3人の活動に、witch&wizardsの森さんもジョインして、RSGT(Regional Scram Gathering Tokyo)で「喧嘩できるチームを作るワークショップ」を行うなど、その後も人材育成、チーム育成のワークショップ開発を進めてきました。


この度、Unipos株式会社様にてチームビルディング研修を実施いたしました。

その様子をレポートします。


2019/3/14 Unipos株式会社 チームビルディング研修

ご参加いただいたのは、CTO、CXO、リーダー達とこれからリーダー職に就こうという若手社員の8名。オープニングで「よいチームってどんなチームでしょう?」というお題に答えながら自己紹介をしてもらいました。意思疎通が潤滑、信頼関係、同じ方向性、意見が言いやすい、自律的で継続的……様々な観点から皆さんの「チーム」に対するイメージが共有されました。


組織やチームに関する理論的なインプットを少ししたあとで、本番の対話の時間です。ファシリテーターのにこやかな「さて、何を話しましょうか?」という問いに、一同絶句。


何って…どういうことを話せばよいチームになるかってこと?

よいチームと全然離れちゃってもいいの?

せっかくだから普段話せない事を話そうか


参加の皆さんが「重要なテーマ」と合意できるテーマでお話ししてください。という指示で、とりあえずやってみることになりました。学校給食や思い出話をしているかと思うと、一人一人異なる価値観を持っていて、その共有の重要性の話に変わっていき、今まで経験してきた職場(前職)との違いに戸惑っていることや、リーダー同士でもやり方に差があるなど、様々な話題があふれるように語られます。


休憩を挟んで、この対話を観察していたファシリテーター達のふりかえりを公開でライブ進行。2つの班の中で話されていたことや、その雰囲気から3人のファシリテーターが感じたことを口々に共有します。「自己開示がとても自然」、「リーダーの孤独感の共有がされていた」などのコメントがどんどんホワイトボードに書き残されていくようすを見ながら、参加者の皆さんは自分たちの対話がどのように見えていたかが話されている事に興味津々です。



後半の対話は、ファシリテーターがテーブルに入り、続きを語ります。テーマはよりチーム運営のあり方にフォーカスされ、自分たちの業務で立てられているOKRやKGIにつながるチーム内の関係性とは何か、成長するチームになるために「メンバーに任せる」とはどんな行動かなど、具体的な業務シーンが思い浮かぶような内容に深まっていきました。


最初は「一体何をするのだ?」という緊張感もありましたが、最後には「チームで仕事をするということの本質的なところに迫る話ができた」「これからやりたいことが見えてきた」などの感想をいただきました。ご参加いただいた皆さんが、今後ますますよいチームを作り、Unipos株式会社様の素晴らしい成果につながることを期待しています。



ジョイワークスでは、このような「チームをテーマにチームで語り合う」という対話を通じたチームビルディングの場をご提供しております。

現在、本研修は、「ケンカできるチームをつくるワークショップ」として提供中です。

ご興味のある方は下記よりお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせフォーム


カテゴリー
アーカイブ

株式会社ジョイワークス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

TEL :  03-6869-7287