ジョイワークス株式会社.jpg
bg.png

時代が大きく変わる時は、自らの競争優位性を確立する絶好の機会です。

人材開発と組織開発の機能が備わっている人事こそ、変革をリードする使命があります。

Joyworksは、企業変革を推進する人事を支援します。

人材開発
組織開発
戦略人事

新着記事

2021年10月26日

『新しい時代のマネジャーの教科書~適応課題の解決力を鍛える』の教材が完成しました。

2021年10月12日

ポストコロナ時代を見据えてマネジャーのあり方を考える⑭:厳しい現実に直視する

2021年10月5日

ポストコロナ時代を見据えてマネジャーのあり方を考える⑬:企業が変われない理由と打開の方向性

2021年9月26日

ポストコロナ時代を見据えてマネジャーのあり方を考える⑫:3大理論をもとに行動変容する(その3)

2021年9月14日

ポストコロナ時代を見据えてマネジャーのあり方を考える⑪:3大理論をもとに行動変容する(その2)

Joyworksでは以下のようなニーズにお応えします。

​まずは、該当する項目にチェックシートにチェックを入れてください。

組織開発 | 株式会社ジョイワークス
人材開発 | 株式会社ジョイワークス
戦略人事

・チェックシートで赤枠にチェックが多かった人は「人材開発」。

・チェックシートの青字にチェックが多かった人は「組織開発」。

・チェックシートの緑字にチェックが多かった人は「戦略人事」​。

上記のようにチェックが多かった人は、その分野に課題を感じている傾向があります。

世界の比較データからもわかるように多くの日本企業に課せられている課題は、「高生産性企業への転換」「イノベーション企業への転換」「働きがいのある企業への転換」です。

人事が、人材開発と組織開発を機能することで、3つの転換を実現することができます。

Joyworksは、コンサルティングファームと研修会社の両者の強みを兼ね備え、そこにマネジメントのリベラルアーツ(原理原則やマネジメント理論)の研究から独自のソリューションをご提供させていただいています。

新しいく予想外で不確実で複雑な環境の中で企業は多くの課題を抱えています。

Joyworksでは蓄積したコンサルティング技術 ・研修設計技術・マネジメントのリベラルアーツを駆使して、マネジメント問題を解決するための技術体系やモデルを開発し続けています。

人事とともに解決の方向を決め、 「①人材開発」「 ②組織開発」「③戦略人事」を通じて企業変革を実現します。

 

人材開発

教育効果を最大化し、社員の成長スピードを上げる

Joyworksが提供する研修は、教育効果測定の世界標準であるカークパトリック・モデルに基づいた研修設計を行うます。教育効果を最大化するために洗練られて教材で事前に自己学習して参加し、研修で実務適用を行い、職場で実践して、仲間の活動から学び合う方式で行います。

<主な支援内容>

・各種マネジメント力の強化

・オリジナル研修プログラムの開発

・社内インストラクターの養成

人材開発 | 教育 | 研修 | 株式会社ジョイワークス

【ポストコロナ時代の研修モデル】

ポストコロナ時代の研修モデル | 株式会社ジョイワークス
 

組織開発

組織のビジョンとメンバーの働きがいを同時達成

組織の課題は既存の高度な専門知識や組織能力で解決できる技術課題から、組織に内在化した価値観や組織が価値を生み出すメカニズムに遡って変化しないと解決できない適用課題に移っています。組織開発のテーマは、心理的安全性を高めて本音の会話することから、組織能力や組織文化の再構築へと変わりました。

<主な支援内容>

・組織課題を解決するための組織能力の獲得

・両利きのマネジメントへの転換

・部門別・職種別マネジメントの開発

組織開発 | マネジメント | 働きがい | 株式会社ジョイワークス

【VUCA時代の課題はより複雑になる】

VUCA時代の課題はより複雑になる | 株式会社ジョイワークス